歯科助手の資格を取得して・・・

私は今日から歯科助手として、歯科医院で働くことになりました。歯科医の診察を受けたことはないし、歯科に関する知識もないので仕事の内容も全く把握出来ていません。しかしながら、今日から一生懸命歯科助手の仕事について学びながら、歯科医院で働く人達の役に立てるように、患者さんの健康な歯を維持するために頑張っていきたいと思います。

歯科医院には様々な人が仕事として関わっています。まず歯科医師ですね。英語でいうと「デンティスト」。歯科医師になるためには、国が認定した大学の歯学科に6年通って卒業、歯科医師国家試験に合格すると免許を取得することができます。その後に、1年間研修医といsて学んだあとに勤務医、開業医、つまり院長となります。職場ではドクターと呼ばれることが多いです。

次に歯科衛生士。英語では「ハイジニスト」と呼ばれます。歯科衛生士学校や大学に3年以上通い卒業、歯科衛生士試験に合格すると資格を取得することができます。主に予防処置・診療補助・ブラッシング指導などを実施します。昔は女性のみ取得できる資格でしたが、現在では男性も取得することができます。

次に歯科技工士、英語ではテクニシャンと呼ばれます、歯科技工士養成所などに2年以上通い卒業、歯科技工士試験に合格すると資格を取得することが
できます。歯科医が作成した指示書に基づき、歯の代わりとなる補綴物の制作、加工を主に行い、医療系技術職として開業している人も数多くいます。

最後に歯科助手と受付。アシスタントですね。歯科助手資格が無くても、歯科医院などで機材の準備や診療介助などを行います。歯科助手は資格が民間資格になりますから医療行為を行うことはできません。受付は歯科医院に通う患者さんの来院予約を取ったり、電話で応対したり、他にも会計などの歯科医療事務全般を担当します。歯科助手兼受付の歯科医院も多いです。