介護職員初任者の役割

介護という言葉が、どのような意味を持つか、皆さんはご存知でしょうか。病院では看護師が患者さんの介護を行い、老人ホーム等の施設や、自宅で生活をする寝たきりや認知症の高齢者に対しては、介護職員初任者研修課程の修了者、いわゆるホームヘルパーが介護を行っています。日常生活では、食事をしたり、トイレを利用したり、少し移動するだけでも、様々な行為が行われています。

食事・排泄・着替え・身だしなみ・洗面といった、毎日必ずしなければいけない行為を介護の世界では、日常生活動作と呼びます。これは、若者であろうが、高齢者であろうが、介護をする介護職員初任者であろうが、どんな人でも生活の基本となるものです。他にも、家のちょっとした掃除や用事などは、行う人もいれば行わない人もいるものになります。

介護職員初任者は、食事や排泄などの基本行為が、自分1人の努力のみでは実現できない場合に、サポートするのが仕事だと言えるでしょう。食事や排泄などの、基本的な行為が自力では出来ないということは、その人の健康の問題もあるし、清潔な状態を保てない危険性もあります。ですから、ホームヘルパーである介護職員初任者が、身の回りの生活を援助することによって、高齢者の生活を健康的で、快適、なおかつ自立した生活を行えるようにすることが目的です。

また、食事や排泄の介助とは別に、認知高齢者の場合は、徘徊をしたり、時に乱暴な行動も取ることもありますから、これらに対しても介護職員初任者は、ホームヘルプサービスを提供する義務があります。まずは、相手をなだめたり、状況を納得して貰う所からはじめ、話し相手になることから始めてみるとよいでしょう。介護職員初任者研修課程を修了したホームヘルパーの役割とは、食事や排泄介助といった高齢者の生活の基本行為をサポートし、健康的で自立した生活を送れるように時には優しく、時には厳しくしながら、援助をしていくことなのです。