介護保険サービスと介護保険外サービス

介護職員初任者の仕事は、高齢者の入浴・排泄・食事等の身の回りの世話することです。その中でも、介護保険サービスと介護保険外サービスの2つに分けられます。介護保険サービスとは、在宅介護サービス、施設サービスなどの介護保険対象サービスがあらかじめ決められています。

しかしながら、要介護状態になった時に必要な介護とは、介護保険対象サービスのみになります。具体的には、食事を自宅に届ける配食、緊急通報サービス、高齢者が自立した生活を送るための生活関連サービス等が挙げられます。

介護保険制度で利用できるサービスは様々ですが、大きく分けると在宅と施設に分けることができます。

自宅に滞在する高齢者を対象にした訪問介護(介護職員初任者が実施する在宅サービス)、特別養護老人ホームや老人保険施設などの介護施設を利用する施設サービスが存在します。在宅の要介護者等を対象にしたものは、自宅にサービスを届ける訪問型のサービスと、自宅から通う高齢者を対象としてサービスがあります。